ゲイの僕が全ての人にカミングアウトせず生きる理由

サムネ LGBT

こんにちはこた(@kotajunblog)です!

僕はゲイであることをカミングアウトしているのは、ごく一部の親しい友人だけです。

ゲイであるのに、異性愛を前提とする社会でどうやって生活しているかシェアします。

スポンサーリンク

僕がカミングアウトしない理由

fear

僕は全ての人にゲイであると告白している訳ではありません。

いわゆるオープンゲイとは違います。

だから普段は一般的な男性(異性愛)として生活しています。

なぜカミングアウトをしないのか。

正直なことを言うとまだ

恐れ

があるからです。

カミングアウトして引かれないかなとか、

前回の記事でもお話をしましたが勘違いされるんじゃないかって恐れがあるからですね。

生きづらい世の中ですよ。

なんてことは言いません笑

生き方は自然と身に付く

僕は中学に入った頃から、同級生の男の子に興味を持ち始めました。

小学生のときは、好きな女の子いたし、その子からバレンタインに告白されて、浮かれてた思い出があります笑

何がきっかけで男の子に興味を持ち始めたかと質問されれば、正直わかりません。

気がついた頃にはもう、男の子を女の子よりも見るようになりました。

ただ、中学生の会話なんて覚えたての下ネタ言うか、女優で誰が好きかくらいしかないですよね。笑

そこで僕が、当時好きだった山田涼介くん(Hey! Say! JUMP)なんて言えるわけもなく

そういうお決まりの会話をうまくこなすために、好きな女優は本田翼だよって回答をあらかじめ用意していました。

友達が答える女優とかアイドルの名前とか全然わからなかったけど、「へーそうなんだ、可愛いよね」とか言っておけばなんとかなりました。笑

こうやって、ゲイだけれども、ノンケ(異性愛者)として生きる術を自然と身につけて生きました。

ゲイである本性は偽ることはできない

happy

高校生になっても、中学生の恋愛話と同レベルの会話が続きます。笑

男子の中ではこれまで通り、うまく会話を流してればなんの疑いもなく生活できました。

*ここから先を読み返すと自慢話みたいになってて鬱陶しいです。ただ、ありのままに語ってますので、鬱陶しいこいつと思いながら見てもらえると幸いです笑

でも女の子との関係の話をするならば、僕は女の子とかなり仲がよかったです。ジャニーズの話もできるし、イケメン俳優の話もできる。

だれだれ先輩がかっこいいって話になると、僕がその人の素性を探ったりもできたから、女子との会話はかなり盛り上がりました。

女の子の恋愛相談(男子に話せる内容じゃない)とかも親身になって聞いてましたね。

女の子との友達としての距離が近すぎてか、告白されることもありました。

でもそれをOKすることはできなかったので、断り続けていたら、女の子にはゲイだと疑われていました。笑

恋愛話が合うのは女性

やっぱり恋愛対象は男性だから、

話が合うのは女性

だけど、男子の好きなゲームやスポーツをやったり、語ったりするには男子同士だから、

身体は男性

なんですよね。

スポンサーリンク

カミングアウトする必要がなかった

happy

男性とも女性とも良好な関係で生活できていた中高生時代を送ったので、そもそも僕はゲイだってカミングアウトする必要性を感じてなかったんですよね。

また

カミングアウトして良いことが起こるとも思えなかった。

こっちの方が正しいですね。

最初に言ったことの繰り返しですが、カミングアウトしていじめられたらどうしよってチキったってことです。

いじめられるくらいならこのまま楽しく生きていけば良いじゃんなんて考えでした。

今思えば、男女関係で傷つけることになってしまった女性がいるから、あらかじめカミングアウトしておけばよかったと思うんですけど…

しかし、僕がカミングアウトしなければならないと感じさせる転機がやってきたのです!

本気で好きな人ができて相談したい

そうなんです。大学生の頃の話です。

好きな人ができて、悩んで、その悩みを誰かに聞いて欲しかったんです。

悩みを聞いてもらうってことは、全てをさらけ出して正直になる必要がありますよね。

悩みなのに、嘘ついて、抽象的に話をしたって解決しないって思ったんです。

その時、親友(女の子)に本気で相談してアドバイスをもらおうと思って、実はゲイなんだって伝えました。

その時の友達の反応がこちら

「知ってた」

知ってた!?!!???!?!?!

そんなの当たり前でしょみたいな雰囲気で言われましたね笑

親友ってやっぱりすごいですね。なんでもお見通しなのかな。ちゃんと受け入れられました。というよりも、すでに受け入れてくれていて、それでもなお、親友で居てくれました。

スポンサーリンク

一部の人にだけカミングアウトすれば良い

joy

この頃から感じていたのが、

親友に嘘をつくことへの違和感

僕はノンケですよって振舞って、嘘をつくことへの違和感を感じ始めました。

親友だから、すでに薄々気づかれてるし、違和感とか、罪悪感を感じるならカミングアウトした方が気が楽じゃんって思いました。

でも、そこで

公にカミングアウトしたい!

とは思いませんでした。

異性愛を前提にした社会であることは当たり前だったから、同性愛を全ての人に受け入れてもらうのは難しいということ。

(小学生の頃まで異性愛者だったから容易に理解できました)

今でこそ、学校でジェンダーについて勉強したり、メディアで取り上げられるくらいだから、理解は進んでいるので若い世代には馴染みはあるくらいだろうと思います。

しかし僕の親世代や、その前の世代に理解されるのかなと疑問に思います。

また、親しくもない人に自分の恋愛事情を知られたくないという思いもあります。

誰しも同じだと思います。

全ての人にあなたの恋愛事情を知ってもらう必要ありますか?

まとめ

僕が全ての人にカミングアウトせず、生きる主な理由は

  • カミングアウトすることを恐れている
  • 全ての人にカミングアウトする必要性を感じない

ということになります。

カミングアウトする、しないっていう社会ではなく、その人がどんな性的指向を持っていようが、気にしない、当たり前だっていう世の中になってほしい

これが僕の伝えたいメッセージです。

また現在、ゲイであることに葛藤している高校生を描いたドラマがNHKで放送されています。

このドラマは、今まで僕がシェアしてきたようなカミングアウトに対する悩みや、ゲイであることに対して悩む男子高校生の心情がリアルに描かれています。

このドラマを見ていただけるとよりカミングアウトへの理解やLGBTに対しての理解も深まると思います。

ぜひご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました