薬用化粧水の[薬用]とは何?医薬部外品との違いは?

サムネ 美容
  • 化粧品ってたくさん種類あるし何使っていいかわからない。
  • 薬用化粧品と化粧品は何が違うの?
  • そもそも[薬用]って何?
  • 化粧品に記載のある医薬部外品って何?

こんな疑問を解決する記事です。

また、化粧品選びのポイントもシェアしています。

では順を追って説明していきます!

スポンサーリンク

薬用化粧品の薬用とは?

画像

スキンケア用に記載のある

「薬用化粧品」「化粧品」は別物として分類されます。

「薬用化粧品」厚生労働省が認める一定の効果のある成分が含まれるもので

  • 肌荒れに効果あり
  • ニキビ予防
  • シミ・ソバカスを防ぐ

などと具体的な効果や効能を明記できます。

また「薬用化粧水」は「医薬部外品」に含まれるものであり、

医薬部外品=薬用です。

「医薬品」よりも効果は薄いものの、

  • 薬局などで手軽に手に入る
  • 副作用が抑えられる
  • 安全性が高い

*ここで注意したいことは

「医薬部外品=薬用化粧品」は「医薬品」とは違い

「治癒・治療」がメインではなく

「薬用化粧品」はあくまでも「予防」をメインに使用されます。

化粧品とは

画像

それに対して一般的な「化粧品」は主に

  • 美しく見せる(メイクアップなど)
  • 健康に保つ

などを目的に作られていて、人体に対する作用・効果は薄いです。

また「化粧品」は

「薬用化粧品」のようにニキビ・シミ予防といった効能を記載することはできません。

その理由は国によって効能効果を認められていないからです。

図にまとめると以下のようになります。

医薬品医薬部外品=薬用化粧品化粧品
目的
治癒・治療予防美化
効果
高いやや薄い薄い
国の
認可
ありありなし
購入
方法
処方箋・薬剤師
から
薬局やコンビニなどどこ
でも

スポンサーリンク

スキンケアには薬用化粧品が良いのか?

3

ここまで「薬用化粧品」「化粧品」の違いを知って

スキンケアには「薬用化粧品」が良いと思われたかもしれません。

確かに、国の認可もあり化粧品よりも効果はあると言えます。

しかし、スキンケア選びの際に本当に大事なことは

・あなたのお肌にあっているか

・あなたの経済状況にあっているか

・あなたの好みに合うか

・あなたの目的にマッチしているか

を基準に選びといいでしょう。

あなたのお肌に合っているか

いくら「薬用」で国に効果が認められているからといって、

あなたのお肌が薬用化粧品を使ってトラブルを起こしてしまってはいけません。

あなたがどんな肌質で何が足りてないかを適切に知る必要があります。

ちょっと前まで脂の多い肌だと思っていたけど、気づかない間に乾燥肌になっていたり、元からあなたの肌質を勘違いしている場合があります。

あなたの肌質を適切に知るためにオルビスが提供する

肌診断があります。

簡単ですぐできてしまうので、一度試してみてください。

あなたの経済状況に合っているか

あなたにとって高すぎるものを買っていないか

ということです。

どんな化粧品でも、高すぎてしまったら「継続」ができません。

また高すぎる化粧品があなたの家計を圧迫してしまい、

それがストレスとなって、お肌トラブルを起こしてしまうかもしれません。

身の丈に合った化粧品を選びましょう。

あなたの好みに合うか

例えば、化粧水を選ぶとしてもあなたの好みが

さっぱりしてベタつかないものだとしたら、薬用の方がいいと言って、

ドロドロもベタベタの化粧水を選ばなくていい!

ということです。

また匂いの好みもありますよね。

やはりここでも「継続」が鍵となってきますから、

あなた好みの化粧品を選んでください。

目的にマッチしているか

まだ10代でニキビができてしまっている子が

「ニキビ予防」ではなく「アンチエイジング」の化粧品を使う

意味ないですよね。

まずはあなたがその化粧品を選ぶ目的をはっきりとさせて

化粧品選びをしてみてください。

またあなたの肌質や年齢からどんな化粧品が必要で、どんなスキンケアが必要かを選んでくれる肌診断はここでも利用できます。

ぜひ利用してみてください!

まとめ

薬用化粧品の[薬用]の意味は理解していただけましたか。

薬用化粧品とは医薬部外品とも呼ばれ

厚生労働省が効果・効能を認可した化粧品であり、

安全性も高いことがわかりましたね。

ただ化粧品を選ぶ際は、「薬用」と記載のある化粧品が全て良い訳ではなく、

あなたに合った化粧品を選ぶことが大切です。

その際は肌診断を利用して、

あなたに合った化粧品とは何なのかを確かめてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました