日本で同性婚の必要な訳とは?[同性婚のメリット・デメリット]

同性婚 必要性 LGBT

同性婚を求めて国を訴訟しているグループがあるってニュースでやってたけど、なぜ同性婚が必要なの?どうしてこれまで同性婚が認められてないの?

2019年2月14日、日本で生活する13組の同性カップルが、同性婚が認められないのは憲法違反だとして国を相手に訴訟を起こしています。

この出来事をきっかけに同性婚の話題がメディアに取り上げられています。しかし、なぜ日本で同性婚が必要なのでしょうか。ゲイである僕がわかりやすく解説します。

この記事でわかること
  • 日本の同性婚の現状
  • 世界の同性婚の現状
  • 同性婚の必要性
  • 同性婚のメリット・デメリット

スポンサーリンク

日本の同性婚の現状

LOVE

現在、日本では同性同士(戸籍上の性)の結婚は法的に認められていません。認められない理由は憲法にあるとされています。

日本国憲法第24条に「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」すると明記されています。

この文言を「結婚は、男性と女性の合意が必要」と解釈すると、同性同士の結婚はできないことになるため、同性婚は認められていないのです。

異性間での結婚は当たり前のように認められるのに、同性間だからという理由だけで、現在の日本では結婚はできません。

しかし、同性カップルを認めるための「パートナーシップ制度」があります。渋谷区を中心に各自治体が同性のカップルを認める制度です。全20の自治体でパートナーシップ制度を導入しています。(2019年5月現在)

渋谷区は条例として定められています。法的拘束力はありますが、法律より効力が強い訳ではありません。

婚姻よりも効力が薄いことや、パートナーシップが認められるのに時間と費用がかかることなど、まだまだ問題はあります。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

世界は同性婚に対してどう対応しているのでしょうか。

世界の同性婚の現状

オランダ、カナダ、イギリス、アメリカなど25カ国が同性婚が認められています。アジアでは2019年5月から台湾で同性婚が認められることになります。

つまり、上記の国では男女の婚姻と同等の権利が同性の婚姻でも認められています。

また、同性愛が認められない国もあります。同性愛ということを理由に罰を受けたり、死刑になる国もあります。その理由は主に宗教上で同性愛が禁止されているからです。

G7の中でも同性婚が認められないのはイタリアと日本だけです。

参考、出典:NPO法人 EMA日本

では、なぜ同性婚が必要なのでしょうか

スポンサーリンク

同性婚の必要性とメリット

同性カップルでは異性愛のカップルとは違い、婚姻が認められないという理由で不利益を被ることがあります。

同性婚の必要性
  • 緊急時の権利がない
  • 税金面での不利益を受ける
  • 遺産相続が難しい
  • 配偶者ビザが取得できない

同性婚を認めれば、上記の4つが同性婚のメリットにもなるのです。詳しくみていきましょう。

緊急時の権利がない(病院にて)

パートナーが病気や事故で病院に運ばれた際に面会や手術の同意は法律上、家族にのみ認められる場合が多いです。パートナーは法律上の家族とは認められないので、面会などを断られる場合もあるそうです。(医師の判断による)

一般的に考えて家族が病院に運ばれたのに、家族に会うこともできないなんておかしな話ですよね。パートナーが緊急時に近くにいてあげることができない可能性があるんです。

税金面での不利益

配偶者控除、健康保険で扶養家族扱いが認められないなど、税金面においても不利益が起こります。

遺産相続が難しい

パートナーが死亡した際の遺産を相続することが難しいです。

民法上の相続人は配偶者や子といった親族に認められ、パートナーは遺言がない限り、遺産を相続することは難しいです。

ビザ問題(配偶者ビザが取得できない)

パートナーが日本国籍でない場合、そのパートナーは日本に滞在するためにはビザ(在留資格)が必要です。男女のカップルが婚姻すれば、外国籍のパートナーは日本人の配偶者として配偶者ビザを取得できます。

しかし、同性カップルでは法的な結婚が認められていないので、配偶者ビザを取得できません。

つまりパートナーと日本で生活することができなくなる可能性があるということです。

同性カップルであることを理由に結婚できません。結婚ができないからこそ起こる不利益がいくつもあります。本来平等であるはずの権利が受けられないのです。その不平等をなくすためにも同性婚が必要です。つまり、同性婚を求めることで、何か新しい権利を要求している訳ではありません。異性愛者と同等の権利を要求しているだけなんです。

これら以外にもLGBTが直面する問題があります。

同性婚のデメリット(反対意見)

ここまで、同性婚の必要性を見てきて

同性愛者にとって同性婚は必要なんだ!

と思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、世の中には同性婚に反対する人もいます。同性婚にどんなデメリットがあるのか。同性婚反対の理由を見ていきましょう。

同性婚に反対する理由
  • 子どもには父親と母親が必要
  • 一夫多妻制を認める事になる(家族の崩壊)

1つずつ反対理由をみていきましょう。

子どもには父と母が必要

現在の日本の制度で同性のカップルが子どもを育てるためには、特別養子縁組という制度を利用することになります。しかし、特別養子縁組は婚姻を必要とするため、同性婚が認められないカップルは子どもを持てません。(里親になるには男女の夫婦を前提にしています。)

子どもにとって父親と母親のそれぞれが重要であると同性婚反対派は主張します。男女の結婚や血縁に基づく家族の良さを強調し、子どもの福祉の観点から、同性婚には反対=同性カップルは子どもをもつな。という理論です。

男女という「親の形」が本当に重要なのでしょうか。子どもの福祉、子どもの幸せを考える際の本質は「子どもをいかに愛せるか」だと考えます。それは同性カップルでも男女のカップルでも同じことです。

同性カップルが里親になった例

大阪市で男性同士のカップルが里親になった例があるようです。

参考:毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170406/k00/00m/040/154000c

一夫多妻制を認めることになる

同性婚という婚姻形態を認めるならば、一夫多妻という婚姻形態を認めるべきだ。アメリカでは実際に同性婚を認めたことで、2人目の妻との婚姻届を出した方がいるそうです。

しかし、同性婚と一夫多妻制は全く別の問題です。同性婚が求めることは、これまでお伝えしてきたように、異性愛と同等の結婚の権利です。つまり既存のルールを同性カップルにも適応してほしいということです。しかし、一夫多妻制はこれまでにない新しい特別な権利を求めています。

全く別問題を同性婚反対の理由に持ち出してくること自体が間違っています。同性婚を認めるならば、一夫多妻制を認めることになるという方々は、子どもとの結婚や動物との結婚、もしくは二次元との結婚をも認めろというのでしょうか。

同性婚は当たり前の権利を平等に得ることを求めています。

そもそもなぜ「一夫多妻」何でしょうか。多夫多妻でも良いのではないでしょうか。ジェンダー問題ですね。

スポンサーリンク

まとめ

現在の日本において憲法の解釈によって同性婚は認められません。

また同性カップルは男女カップルと同等な権利を得ることができず、以下のような不利益を被っています

同性婚の必要性
  • 緊急時の権利がない
  • 税金面での不利益を受ける
  • 遺産相続が難しい
  • 配偶者ビザが取得できない

世界と日本の現状を比べても、他の先進国は同性婚を認めており、日本は同性婚の対応は遅れていることがわかります。

同性婚を求めるということは、人として当たり前の権利である結婚を求めているだけです。特別で新しい権利を求めているわけではありません。異性愛者と同等な権利を同性愛者が得る日がくることを望みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました